とにかく水分を常に摂取することに気を払っています。

仕事が忙しくなるなどすると、どうしても水分を取ることを控えがちですが、水分を取らずにいると集中力が低下したり、体が重くなってきたりします。

だから私は常にペットボトルかコップを横に置き、「のどが渇いたな」と思うよりも早く「のどが乾きそうだから飲んでおこう」というスタンスで水分補給をしています。

確かに大量の水分を摂取することになるのでトイレに行く回数は増えてしまうのですが、糖分や塩分が含まれていないただの水であれば、気にせずに何杯でも飲むことができます。

水分を多く摂取する健康法は、私が散策で出かけた山で変な虫に刺されてアレルギーを発症したときに、かかりつけ医に教わったことです。

とにかく体の水分を新しくすることで体内の循環を早くして、抵抗力などを高いまま維持することができ、さらに悪い毒素も早く体から追い出すことができると教わりました。

幸いその虫さされでの毒素は水分を積極的に摂取してから2週間で落ち着きましたが、それ以来、いかに水が健康に役立つかを理解しました。